ココだけの横浜の自己破産です

img-1

自己破産状態とは、お金や物を借りたけれども、返済が滞り、債務者自身の財産を全て処分しても返済のできない状態を言います。すなわち、返済可能な財産がある場合は、自己破産は認められません。



自己破産をするには、法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼する事が最良の道です。


自己で処理することも考えられなくはありませんせんが、債権者からの借金の取立て訴訟になる場合も考えられ、裁判所での手続きが必要になる場合もあります。


したがって、法律の専門家に相談して、法的に適切に対応することで安心をえる事が出来ます。

自己破産手続きは、債務者(借主)からの破産申立によって、裁判所で行われる債務整理のことを言います。



債務整理では、通常、破産管財人をたて、債務者の持っている財産を全て処分し、お金に換価して、債権者に平等に分配(返済)します。



そして、自己破産しますと、債務者の全ての財産を処分しても支払うことができない債務については、免除してもらう事が出来るというメリットがあります。

債務の免除をしてもらうには、破産宣告後、債務免責の申し立てを破産宣告してもらった裁判所に提出して、免責手続きを完了させる必要があります。



しかし、債務の免責を許可してもらえないケースもあります。
免責不許可事由がある場合は、債務の免責を許可してもらえません。例えば、支払不能状態であるにもかかわらず、クレジットカードでお買い物をしたり、金券などを購入した場合などがあり、破産法上の破産者の義務に違反した場合などです。

したがって、j法律の専門家に間に入ってもらう事が大切になります。
とても払いきれないような借金を抱えてしまった。


そんなときに自己破産を選ぶと借金を免除してもらえて、新しい人生を再スタートすることができますが、土地やマイホームのほかにも99万円を超える現金、20万円以上の価値がある預貯金や有価証券、マイカーなど大切な資産を失ってしまいます。



ブラックリストに載ってしまうので、当分の間はクレジットカードの作成やローンの申込みができなくなります。家族も住む場所を失って路頭に迷わせてしまったり、連帯保証人にも迷惑がかかります。

安易に自己破産を選ぶと後々大変なことになるので、弁護士や司法書士に相談してみると良いでしょう。
借金問題は自己破産以外にも個人再生・特定調停・任意整理といろいろな解決方法があります。

任意整理では将来利息がカットされて基本3年で完済を目指します。



継続的な収入があることが条件になります。
個人再生では借金総額を約5分の1に圧縮したうえで、基本3年間で返済を目指せます。



個人再生はマイホームを失わないで済むのが最大のメリットです。
自己破産を避けたうえでマイホームも守りたいという方に最適です。
借入総額が3000万円以下なら残高の5分の1または100万円と大幅に借金を減らせる可能性があります。浪費やギャンブルが原因でも手続きができます。



それぞれ特徴やメリット・デメリットがありますので、専門家に相談しながら状況に合わせて選んでもらうと良いでしょう。

費用が心配な方は法テラスで弁護士や司法書士の費用を立て替えてくれます。

関連リンク

img-2
大阪の自己破産はお任せください

自己破産するメリットとは、借金が帳消しになり人生をやり直せる事です。今までの借金を帳消しにして、生活をリセットしてやり直せる制度は他にないです。...

more
img-2
最近自己破産の相談が注目されている理由

人間が社会生活を営む上で、お金の貸し借りをする機会が多いです。特に住宅や自動車などの大きな金額の買い物をする際には、通常の買い物のように一回で支払う事が困難です。...

more
top