自己破産手続きが他の債務整理手続きと違う点に

img-1

自己破産は、免責が認められると借金が帳消しとなります。


債務整理には他の任意整理、個人再生、特定調停がありますが、どの手続きも借金減額がメインです。



借金がゼロになる手続きと借金が残るのでは明らかに違います。



前者は1から借金無しの状態から生活をやり直せる事に対し、後者は手続き後に返済をしなければいけません。

自己破産の手続きでは一定額の財産、資産があれば処分しなければいけません。



資産、財産とは不動産、自動車といった物だけではなく、退職金や契約している保険も含まれます。

任意整理、個人再生、特定調停では基本、財産資産の処分はありません。
よって手持ちの資産、財産の処分を避けたい場合、任意整理、個人再生、特定調停を選択すべきです。自己破産は免責が認められ借金が帳消しになると、以降7年間は同じ手続きが出来ません。他の手続きは同じ手続きが短期間で可能であり、この点も自己破産と他の手続きと違う点です。

ちなみに7年間の間に借金が膨らみ返済が困難になると、自力で返済する必要が出てきます。

ここを悪用して悪徳業者は、破産者にダイレクトメールやチラシを送付するケースが多いので注意しておきましょう。

自己破産と他の手続きの違いはこのようになっています。

債務整理と一言で言っても特徴が違えばメリット、デメリットも違うのです。



債務整理を検討される予定の方は、各手続きの特徴をしっかり把握した上で、自分にとって最良の手続きを行なって、借金問題を解決してください。


どうしても一人で最良な手続きがわからない場合は、悩む前に弁護士または司法書士に相談されると良いでしょう。借金は時間と共に増えていきます。
時間との勝負という側面もある事を覚えておいてください。

自己破産で借金を帳消しにするのにも費用が必要です。



債務者自身で全ての手続きを行う場合でも費用はかかります。

弁護士または司法書士に手続きを依頼すると、更に費用が必要です。


つまり、借金を帳消しにしたいと思っても、すぐに手続きに移行できるとは限らないのです。

自己破産を検討している段階で、費用を少しずつ残しておきましょう。
多重債務を抱えており、取り立てや督促に追われている場合は例外です。



早期に弁護士または司法書士に相談し、受任通知を債権者に送付して取り立てを止める事が先決です。

このような例外のケースを除いては、日頃の生活で節約して資金を貯めておいてください。



ここまで費用を事前に貯めておく事を勧めるのには、他にも理由があります。


自己破産を専門家へ相談する時には交通費が必要です。



裁判所で審尋がありますので、裁判所への交通費も必要になります。
外に出れば喉も渇きますし、お腹も空くはずです。飲食の費用もあれば、助かるに違いありません。

実際はこのように専門家への依頼費用や手続き費用以外の出費も出てきます。


いざ自己破産の手続きに入り、途中で費用が足りない場合、消費者金融で借り入れは出来ません。

手続き中に借り入れすると、詐欺にあたる可能性があり、場合によっては免責が取り消されます。

借金を帳消しにする手続き中ですから、裁判所にこのように受け取られてしまいます。

自己破産を検討し、そこから手続きに入り、手続きが終了するまでには何かとお金がかかります。


実際に、検討されている方は早い段階から、費用を計画的に貯めておくよう努めましょう。

関連リンク

img-2
大阪の自己破産はお任せください

自己破産するメリットとは、借金が帳消しになり人生をやり直せる事です。今までの借金を帳消しにして、生活をリセットしてやり直せる制度は他にないです。...

more
img-2
最近自己破産の相談が注目されている理由

人間が社会生活を営む上で、お金の貸し借りをする機会が多いです。特に住宅や自動車などの大きな金額の買い物をする際には、通常の買い物のように一回で支払う事が困難です。...

more
top